2018年06月19日

レゾネーター

レゾネーターとは、エンジンの吸気系路の途中に設けられた空気室のことで、エアクリーナー前方のエアダクトに配されていることが多く、 正式には「ヘルムホルツのレゾネーター」といいます。

共鳴効果を利用して吸気音を小さくしたり、バルブ開閉に伴う空気の脈動を増幅したり低減したりする装置です

構造は極めてシンプルで、機械的な装置はなく、レゾネーターの内部は空間になっているのみです。
ただし内部には仕切りがあり、その双方が共鳴室となっています。

レゾネーターは単純な箱型の構造の空気室ですが、この空気室が備わることで空気の流れが制御され、共鳴を起こすことで吸気騒音を低減させることができます。

レゾネーターが備わっていない場合、インテークシステム内には大量の空気が常に勢い良く流れるため、大きな騒音が発生してしまうのです。