2016年09月25日

アイドリングストップ゚

アイドリングストップ゚とは、駐停車や信号待ちなどの間はエンジンを止めて、必要なタイミングで瞬時に再始動する技術のことで、燃費の改善を図ったり、排ガスを抑制したりすることができます。

アイドリングストップが理想的に行われると、14%程度燃費が向上します。エンジン再始動時にかかる燃料と、5秒間エンジンを停止することで節約される燃料の量がほぼ等しいので、5秒以上停車する場合は、アイドリングストップした方が燃料消費が少なくなると試算されています。
また、1日10分間のアイドリングストップによって、乗用車1台あたり1年間でCO2排出量が約120kg削減されます。

この記事へのトラックバック