2016年08月26日

OEM

OEMとはOriginal Equipment Manufacturerの略で、他社ブランドの製品を製造することまたは製造する企業のことで、日本では相手先ブランド名製造と訳されています。

OEMメーカーから製品の供給を受けたメーカーは、自社ブランドでその製品を販売します。
製造の委託を受けたメーカーは、相手先のブランドと販売力を活かして生産量を向上させることができます。

OEMを行う理由は市場の時期により大きく3つに分けて見ることができます。

    1.市場が立ち上がる時期。製造の技術やラインを持たない企業にとって、自社製造を開始するまでの期間OEM供給を受ける事で他社との市場投入の差を埋めることができる。
    2.市場が成長期を迎えた段階。自社生産が追いつかない時に他社に委託する。
    3.市場が衰退する時期。自社生産から撤退し低コストで市場への製品供給が可能となる。

なお、OEMをさらに進化させて、設計から製造まで手がけることをODM(Original Design Manufacturing 相手先ブランドによる設計・製造)といいます。

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/370749719

http://www.valras-plage.net/max-muscle-xtreme/
Excerpt: 自動車の豆知識
Weblog: http://www.valras-plage.net/max-muscle-xtreme/
Tracked: 2016-12-01 16:00